キャッシュレス, スマホ決済, フィンテック

今更聞けないフィンテックって

初めまして、べえちゃんねる(@TUX_hodl)です。今回紹介するのはフィンテックに関することです。正直キャッシュレスを語るにはフィンテックは欠かせないと考えてます。今回はフィンテックをわかりやすく紹介します。

フィンテックとは

そもそもフィンテックとは何でしょうか。フィンテックとは金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語です。近年、浮上したキーワードなので、最新の技術だと勘違いされがちですが、単純に金融とITという組み合わせだけならインターネット誕生当時からありました。俗にファイナンシャルテクノロジーと呼ばれています。例えばPayPalやおサイフケータイなどです。

それがどうしてファイナンシャルテクノロジーではなくフィンテックと呼ぶようになったのか?

それはリーマンショックにより銀行など金融機関が信用されなくなったからです。

厳密には金融機関に影響されない金融テクノロジーを作ろうぜとリーマンショックで解雇された社員やリーマンショックに影響された人などが下剋上で金融機関に立ち向かう認識で大丈夫です。それが数年の時を得て日本に伝わりました。

代表的なサービス

例えば、ドルを持つからリーマンショックに影響されるんだ。そもそも法定通貨じゃダメなんだということで仮想通貨が開発されました。

また融資を受けるには銀行は欠かせません。では銀行がなくても融資を受けれるようにしようぜということでクラウドファイディングが出来ました。クラウドファアディングとは融資者が開発したいプロジェクトに融資してくれる人をインターネット上で募集し、資金などを集める一種の融資方法のことを指します。ちなみにクラウドファイディングは群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です。また類義語でソーシャルレーディングともいいます。純粋にプロジェクトに魅力を感じたら群衆に融資を受けやすいのも中央集権に影響されないをモットーとしたフィンテックの特徴の一つです。

最後がモバイル決済です。説明するのが難しいので、あるサイトを引用しました。

商取引における、現金や銀行での手続きを必要としない電子的な決済手段のことです(野村総合研究所の定義による)。ビジネス➕IT参照https://www.sbbit.jp/article/cont1/34676 

つまり、クレジットカードのように銀行を経由しなくてもコンビニなどでチャージして決済する電子マネーやスマホ決済のことです。理解が難しければキャッシュレスと同義語という風に捉えても大丈夫です。他にもありますが、他のサービスは筆者のブログの趣旨とは違いますし、全部語るのは本1冊分の文章量が必要なのでこのぐらいでいいでしょう。

日本はファイナンステクノロジーである

日本がフィンテックと呼んでいる企業やモノのおそらく半分はフィンテックではありません。なぜなら中央集権的だからです。特にsbiソーシャルレーディングは日本でいうフィンテックですが、住信sbiネット銀行を中心としたsbiホールディングスの一種なので、銀行と密接に関わってます。そもそもフィンテックの目的が

今まで銀行が担っていた送金、融資、投資、保険等を個別にフィンテック企業が担当し、高スペックに技術革新させることです。

それをすでに成熟した技術力と莫大な資金がある大手企業や金融機関が関与しているのはフィンテックとはいえません。しかし、これはアメリカも同様で、もしフィンテックが浸透すれば、金融機関が潰れる可能性があります。なので、AppleやGoogleなど大企業もフィンテックに参入して、ベンチャー企業がフィンテックで成功するのを妨害しようとしています。銀行など中央集権はフィンテックが活躍するのは何かと不都合で日本も一緒です。どうもメディアはフィンテックのことを何も知らない日本人に誤った情報を教えて、フィンテックを間違った方向に向かわせる傾向にあります。とはいえ日本の一部企業であるKyashOrigami payなどフィンテックの本質をよく知っている企業がどんどん業績を伸ばしているので、日本もまだまだ捨てたもんじゃないなと思います。

まとめ

いわばフィンテックは上杉家や武田家など古くからある守護大名(銀行)を織田家や農民(フィンテック)が下剋上するようなものです。それが楽天や SBIホールディングスが参入したら意味が変わります。どうも日本ではフィンテックはアメリカから来たイケてる流行語という風に捉えてる節があります。このブログを通してフィンテックの本当の意味が理解できたなら幸いです。それでは、ばーい。