キャッシュレス

「Apple payで」といえば支払える場合と支払えない場合の解説

こんにちは、べえちゃんねるです。

ブログなどでApple payという決済方法はなく、SuicaやQUICPay、iDしか使えないといわれてきました。しかし、ローソンで「apple payで」というとポンタカードと一緒に支払ったのと一緒と聞いて、今まで知っていた知識と違うなと感じました。そのことを気にして、今まで見たことがあったレジ前に貼ってあるApple payのステッカーを注目するとあることに気づきました。今回はそれについて記事にします。

「Apple payで!」といって支払える場合

今までApple pay=QUICPayなど後払い型電子マネーやSuicaでしかできないと勘違いしており、Apple payはあサイフケータイと変わらないと思っていました。。しかし、今回ローソンでApplepayとして決済できることがわかりました。とはいってもApple payという名称で決済するのではなく、QUICPayやSuicaなど登録しか数あるクレジットカードの中から一番先頭にくるものつまりメインカードでできるということです。とはいえ、来年以降にApple payのクレジットカードができる予定なので、Apple payでの決済ができる可能性は否めません。

Apple payで支払えないパターン

これは私筆者やキャッシュレスに詳しい読者が知っている通り、iPhoneのWallet機能で登録したクレジットカードと自動搭載されたSuicaで支払う方法です。つまり、誕生以前にもあったQUICPayなど電子マネーで支払う方法です。ここで豆知識ですが、レジ前でApple payのステッカーが貼られているところはApple payで支払い可能なSuicaやQUICPay、iDなどで支払えます。つまり、Apple payのステッカーがあるところはSuicaなど交通idで支払えるということです。

まとめ

まだまだ「Apple payで」といって支払えるところは少ないですが、過去記事でローソンで試した通り、今までの私の価値観を変えるほどびっくりした出来事でした。数年前から使っていた既存のキャッシュレス技術に驚かされるとはホントApple社の底力を思い知らされた数日間でした。

それでは、また。