仮想通貨

仮想通貨がこれから決済用途で進める理由

やっと仮想通貨のことが書けると歓喜しています。こんにちはべえちゃんねる(@TUX_hodl)です。

仮想通貨は2017年の流行語といえるぐらい一般市民の間で急速に広まりました。しかし、メディアのイメージから株など投資やギャンブルと同じ認識だと思われますが、通貨という名前の通り、一般店舗で通貨として決済できます。仮想通貨を研究している技術者などもこれから決済用として進めるつもりで開発しています。そもそも仮想通貨をつくったきっかけはリーマンショックでドルなど法定通貨が使い物にならないと金融関係者などがわかったからです。筆者自身も仮想通貨が決済用として広まるのは賛成です。なぜそう思ったのか説明します。

電子マネーと違って、資産が移転できる

まずはこの動画をご覧ください。

このように店舗ごとに仮想通貨が異なることがお分かりでしょうか。この動画だとこの店にお得なサービスが提供しているスーパーを見つけると自由に行き来できることを示しています。これが電子マネーだとwaonから楽天Edyに資産が移動するようなものです。私もかつて電子マネー間で自由に移動できたら便利だなと思いましたが、その未来は永劫ないと考えています。なぜならwaonと楽天Edyはそれぞれイオンリテールと楽天グループが発行元でそれぞれがライバル同士なので、仮に技術的に可能だとしても、しようとしないと思われます。その件、仮想通貨は非中央集権的で、企業間の意がらみが全くないのは特徴です。例えばビットコインとリップルは名称は違いますが、リップル自体が特定の企業が所有しているわけではなく、リップル自体が所有権など権利を持っているわけではないので、仮想通貨間の資産移動が可能なわけです。

企業間の権利等がないのに通貨として成り立っているのは、ブロックチェーンという技術が要因となっています。ブロックチェーンはグーグルで検索すれば、私より詳しく説明してくれるサイトが多数ありますが、簡単に説明すると

みんなが管理・履歴を確認できるので、第3者が安易に盗れないから

です。これは全く知らない人に説明すると大抵がポカーンとされます。私も仮想通貨を知った今夏から調べてきましたが、いまだによく分かりません。特に経済や金融に精通している人ほどよくわからないと思います。ちなみに個人的に一番ピンときたのが、大人気アニメである「キノの旅」の第一話「人を殺すことができる国」を例にした説明です。あるサイトから勝手に引用しました。

キノが最初に訪れた国は、人を殺すことが法律で禁止されていない、「人を殺すことができる国」でした。
この設定を聞いて、ほとんどの人が無法地帯のような国を想像すると思いますが、実はこの国、とても平和です。
国民は皆、普段から銃を持ち歩いているにも関わらず、事件一つ起きません。
そしてある日、「人を殺すためにこの国に来た!」という旅人が訪れ、キノを殺そうとしました
その瞬間、その場にいた全ての国民が、銃を取り出し、キノを殺そうとする旅人を全員で殺そうとしました
そして国のリーダーがやって来て、
「この国では、人を殺すという行為は、許されていない。禁止されていないということは許されてるということではない」
と言い、旅人を殺しました。
この国では、国民全員が警察官であり、裁判官でもあります。
なので、絶対的な力を持った「国」や「法律」が殺人を禁止しなくとも、国民全員の合意によって、この国で人を殺した者、人を殺そうとした者は、皆に殺されてしまうのでした。
これが「人を殺すことができる国」のストーリーです。

https://crypto-times.jp/howtoexplain-consensusalgorithm/#i-6 例え話を紹介!ブロックチェーンの仕組みを上手く説明・解説する方法 https://crypto-times.jp/より参照

私がこのアニメを観たことがあったので、ある程度理解できました。皆さんも自分にあったブロックチェーンの仕組みをブログ等インターネットで見つけれたらと思います。ちなみに書籍はお勧めしません。ほとんどの書籍の場合、仮想通貨や経済などの専門用語が多いので、素人がとても理解できるとは思えません。

どの法定通貨からでも仮想通貨が購入できるから

アメリカドルでもトルコリラでも仮想通貨が禁止されている国以外の通貨だったらなんでも仮想通貨が買えます。つまり、日本観光の際にわざわざ日本円に変えなくても自国でも使える仮想通貨が購入できるということです。これは日本人が外国で決済するのと同様です。クレジットカードを使うという手もありますが、クレジットカードだと大抵の場合、購入手数料がかかったり、クレジット情報が読み取られるスキニングや二重読み取りなど日本と違って安易に犯罪行為をする人が店員であっても行う可能性がある為、安心できません。その点、仮想通貨は手数料がかかりませんし、上記で説明した通り、ブロックチェーンにより盗まれる可能性がほぼ皆無なので、安心して買い物できます。

しかし、ここで注意点があります。上記の動画で紹介していたようにビットコインの為替の変動が激しいことです。例えば、1000円で買ったものが、購入履歴では1200円になることが珍しくありません。日本〜アメリカ間の為替も多少変動しますが、仮想通貨はその比ではありません。まあ、ドルもかつては固定為替だったので、その変動に慣れるという手もあります。

しかし、2019年度まで待てばツアックスコイン(Tourex coin)という購入時に固定する仮想通貨が登場する予定です。また東京オリンピック時に起用予定のJコインとMUFGコインという約1円=1コインのステーブルコインが登場予定です。個人的にはツアックスコインの方がお勧めです。のちにブログで紹介する予定です。ステーブルコインは外国にもあるので、ぜひ訪れる予定の国で流行っている仮想通貨を調べてみてはいかがでしょうか。

まとめ

全て丁寧に紹介すると長文になってしまうので、要点と私筆者が伝えたいことだけ駆け足で書きました。特にツアックスコインはツイッター名に入れるぐらい注目しています。個人的にキャッシュレス界に革命を起こすほどの衝撃を巻き起こすんじゃないかと思っています。またいつかツアックスコインについて記事にします。