キャッシュレス, 仮想通貨

小遣いが欲しいなら4CAST を使おう

最近、 4CAST に関するツイートしかしていません。べえちゃんねるです。

過去記事で6000円分LINEポイントが貯まったといいました。そのぐらい 4CASTは他のサービスより貯まりやすく、画期的です。とはいってもTwitterを観るかぎりでは月に50万貯めるユーザーがいるようで、累計1万ポイントの筆者は平均的なようです。毎日せっせと予測していた時にあることに気づきました。これ高校生の時にやっとけばコンビニに行き放題じゃんって。そこで今回は高校生の気持ちになって記事を書こうと思います。

その前に 4CAST のやり方

4CAST のサイトをリンクしときます。

そのあと、友達登録すればすぐに4CASTをご利用できます。トーク画面の下らへんにある4CASTにタップし、「メイン」を押せば、ホーム画面に移ります。主に毎朝9時あたりまでにデイリーランキングが500位以内に入るように目指します。正解数が多いほどランクインしやすくなります。入ると1LINKポイントが手に入ります。1LINKは500LINEと一緒です。ちなみに交換手数料がかからないので、好きなタイミングでLINEポイントに交換しましょう。

いつもの小遣いの2倍貰えるので好きなものが買える

先ほど筆者が1万円分のLINEポイントを貰ったといっていましたが、これからユーザー数が増えると思われますので、容易に数万台には行かないと思われます。まあでも、新着トピックを全て回答すると少なくとも5000円LINEが貰えると思います。

ちなみに日経新聞によると高校生の小遣いは平均約5000円のようです。

単純計算で普段の小遣いの1ヶ月分上乗せでもらえる計算になります。実際、高校生は親が思っている以上にお金を使う機会が多いです。例えば、部活後で家まで待てなくてコンビニのホットスナックを買う時やLINEのスタンプやマンガを買うなどですぐ5000円を使い切っちゃいますよね。LINEスタンプの場合は、平均240円と気軽に買えるものじゃないでしょう。もし筆者だったらその金でオニギリ2個分買ってます。そんな時に4CAST だったら、ほぼ無料で買えますので、オニギリ2個分とLINEスタンプを買う選択肢が可能です。このように4CASTを使うといつもの2倍好きなことに使えます。

銀行口座で引き出しましょう

とはいってもLINEポイントだけ貰っても使い道が限られますよね。そこで銀行口座を開設すれば、LINEアプリで好きな時間にポイントを出金することが可能です。バイトを始めるついでに口座開設しましょう。田舎でバイトする場所がないことや学業や部活でバイトする暇がないときなどの時はセブンイレブンにあるATMで読者自身が持っている現金をチャージしましょう。他に親に頼んで、送金してもらう、コンビニ店員にチャージしてもらうなど様々な方法があります。個人的には銀行口座のほうがすぐに現金化ができますし、銀行口座しないとLINEポイントが付与しないので、おすすめです。

4CASTで得たポイントを使わずに貯める

高校生には実感がないかもしれませんが、これから先、お金に困らないためにLINEポイントを貯めるという選択肢があります。LINEポイントは現金などと違って、景気やインフラに影響されない性質があります。LINEはしばらくは倒産する恐れがないと推測しますので、ほっといても大丈夫でしょう。また社会人や大学生になったあと、LINEアプリ内のサービスであるスマート投資で今まで貯めた分のポイントを投資するという選択肢もあるでしょう。もともと無料で貯めたポイントなので、今まで出来なかったことを新たに挑戦してみてもいいと思います。

まとめ

正直、初期投資が無料で、スキマ時間に4CASTをしただけで数千円たまるサービスはそうそう無いと思います。今回はもし筆者が高校生だったらを妄想して記事にしました。LINEは本格的に日本人をアメリカ人のような高いマネーリテラシー力をつけさせようと考えてるかもしれません。ぜひ嘘だと思って1週間ぐらい試してみてください。